ホットヨガでストレス発散体験談

ダイエットについて質問です。

ダイエットについて質問です。かなりの巨漢で6ヶ月前は165キロあったのですが、運動と食事制限で110キロまでなんとか落としました。運動は継続しているので体重が増えているわけではないのですが、最近ある程度食べてしまいます。体重はここ二週間減っていません。何故か今までみたいに自分に厳しくなれません。この状況を乗り切る方法はないのでしょうか?ダイエット合宿など色々調べているのですが値段が高い、週5日やっている卓球や試合に出れなくなるので踏み出せません。何かいい方法をお教え下さい。鬱をもっているので、きつい言葉はなしでお願い致します。

ストレス発散にヨガがおすすめ口コミのアドバイス

hiro0886954087さんこんばんわ。かなり落としましたね。普通そこまで減量できませんよ。。すごすぎです。逆に教えてほしいです。私もヨガやランニングを試しましたが、どれも1ヶ月で1kgしか減りませんでした。個人的には酵素ドリンクがいいと思います。芸能人でもかなりやせています。私もチャレンジしていますが、2ヶ月と2週間でなんと7.6Kg減量できました。1ヶ月目 3.2Kg減量、2ヶ月目:2.5Kg減量って感じです。飲んでるだけです。どうでしょうか。あまり無理せずに運動すればかえってストレスを溜めずに、減量できるかもしれないというのが私の意見です。良かったら、参考情報です。もっともっと痩せるため、ブログにして自分の情報をまとめています。http://dietjapan-bbs-1177.seesaa.net/一緒に痩せましょうね。夏は薄着になるし‥頑張りませんか?一緒に

うつ状態で休職しています。先日かかりつけの心療内科からリワークを勧められて、...

うつ状態で休職しています。先日かかりつけの心療内科からリワークを勧められて、参加しました。復帰間近の患者さんとストレッチやカードゲーム、文章の音読をしましたが、正直もう行きたくないなぁという感じです。ストレッチや文章の音読は体調が悪い時以外、自分で家で毎日やっていますし、リワークは和やかな雰囲気ではあるんですが、私が対人恐怖症気味なこと、すでにグループが出来上がっていてストレスに感じました。また週2回だと正直出費もかさむので断りたいと思っていますが、角が立たないか心配です。実際に断った方はいらっしゃいますか?

ストレス発散にヨガがおすすめ口コミのアドバイス

状態が悪いときには家族にさえも会いたくなくなりましたが、そんな荒療治があるんでしょうか?体が痛くないですか?また姿勢悪くないですか?参考になれば幸いです。必要に応じて医療機関でご相談ください。鏡で左右の肩の高さに違いがないか、どちらかが前傾していないかを確認してみてください。私はパニック障害でしたが、肩こり首こりの原因を見出だし、息苦しさから開放されたことが解決に重要でした。数十年前にはほとんど聞かなかった症状が何故現代に台頭しているかを冷静に考えてみてください。何が「変わった」のかです。ストレスって私たちの親世代と比べて高まったのでしょうか。私の場合は医者に「仕事のストレスかもね」と言われても釈然としませんでした。パニック障害や鬱病、自律神経失調症などの気分障害の原因は精神的ストレスではないことを証明するために、パニック障害を自力で治しました。私には慢性的な息苦しさ、過呼吸があったのですが、何か精神的ストレスを感じるとその傾向が強まることから、当初は精神的ストレスが原因だと考えていました。関連の医療機関で内臓の問題はないとのことで、勧められた精神科で精神的な問題、パニック障害であると診断され投薬治療をはじめるも、これが全く治らない。。もう自分で治す以外に解決策はないと思うようになりました。「胸郭の歪みによる慢性的な息苦しさ、またそれによる自律神経の失調」それが答えでした。私は肺の辺りが何だか窮屈な感じがあり、深呼吸をすると肩が上がっていました。そして今は何の違和感もなく、肩を上げずに深呼吸できます。これが何を意味するのか?よく自律神経が失調すると息苦しくなるという解釈を目にしますが、むしろ私は息苦しいからこそ自律神経が失調すると考えています。実際、息苦しさから開放されて精神面でも症状が明らかに改善しています。ただ、何故医療機関ではこのアプローチが全く無いのかが非常に疑問です。同じ状態になった医者が1人も居ないって事はありえないでしょうし、その医者が誰1人としてこのアプローチを考えないとも正直思えません。顎関節症、肩こり、首こり、姿勢の悪さ、背中の痛みや冷えや痺れなどはありませんか?一緒に治した症状は以下の通りです。顎関節症とうつ病は併発しやすいなんてよくネットに出ていますが、そりゃそうですよね。同じ原因なら併発しやすいでしょう。・顎関節症・顔面と後頭部の痺れ・顔面の歪みによる笑いにくさ・唇が歪むような喋りにくさ・下唇のピクピク(片側に集中)・飲み込み辛さ・喉が押されたような苦しさ・歯ぎしり・日中のかみ締め・食事中の片顎で食べる癖・首こり・肩こり・腰痛・立っていても座っていてもフラフラする感じ・立っていても座っていても真っ直ぐになっていない感じ・真っ直ぐ歩きにくい歩行障害・息苦しさ・不安感・人と対面したときの著しい緊張感の高まり・緊張したときの異常な口の渇き・心臓辺りの痛み・わき腹の痛み・目のクマ・眼精疲労・瞼のピクピク(片目に集中)・頭痛・食後の弱い吐き気・集中力の低下・記憶力の低下・思考力の低下・偏頭痛・めまい簡単に書きますと原因は「背中の歪み、またそれによる慢性的な呼吸困難、血行不良」でした。当初からあった「背中の痛み」はこの始まりだったと今では理解しています。これを治した事で全身にあった身体的症状や精神的症状は嘘のように緩和していきました。立っていて、真っ直ぐ立てていないようにフラフラすることはないでしょうか?また、左右の肩の高さが違う状態になっていたり、どちらかの腕が挙げにくい状態になっていませんか?これも「背中の歪み、コリ」の弊害だと推察できます。背中のコリの正体は胸椎と肋骨を繋ぐ「肋椎関節」の何らかの障害と考えていますが、この部分が稼動不良になると息を吸う際の肺の膨張を阻害して息苦しさに直結するとみています。大きく息を吸ったときに肩を上げないと吸えなくなっているようですと、この傾向があると考えています。「こんなとこなんで問題になるの?」とお考えかもしれませんが、これは現代人なら誰でも問題になる可能性がある内容だと考えています。問題は「腕の上げすぎ」です。日々、パソコンやスマホを持って操作すると腕や肩が疲れると思いますが、この胸椎付近もテンションがかかり、疲労が蓄積されやすいとみています。ただ、この付近は肩や首などと違い「コリ」を感じにくいため、慢性化してこれを放置することで歪みや旋回が生じると推察しています。また、残念ながらこの問題は整形外科では気づいてもらえないようです。治せないから「問題ない」のかレントゲンの検出限界で「問題ない」のかは分かりません。あらゆる可能性からご自分で最良の解決策を見出してくださいね。なんとか私は治せたのできっとヒントはあると思っています。共通する対策としては背中のストレッチが重要だと思っています。ヨガで言う「後ろ合掌」ができるかどうかは体の状態を把握する上で非常に重要だと考えています。・顎関節症はどこで治せば良いか 顎関節症の治し方 改善法http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n244419・自律神経失調症の原因http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n259331・慢性的な首こりの原因と首こり解消法 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275898

生理中でも、痩せれる方法ってありますか?

生理中でも、痩せれる方法ってありますか?食べ物でも運動でもなんでもお願いしますm(*_ _)m

ストレス発散にヨガがおすすめ口コミのアドバイス

生理中は運動、食事の我慢などはあまりしないほうがいいでしょう。生理中は体中がデリケートになってますからね^^;そして生理中に1番いい痩せ方は「ヨガ」です。ゆっくりリラックスしてできることなのでこれが1番いいと思います!ヨガだけではなく、睡眠も大切です。睡眠は生理中のストレス、イライラも解消してくれます。なので結果的に痩せやすい体質になりやすいそうです!そして、綺麗に痩せるためには基本的な日常を心がけることも大切です。ですが、それでもやっぱり運動したいな〜という方は【無理のないランニング】がおすすめ。決して無理せずにランニングすることでイライラも解消してくれるらしいです。そしてランニングやウォーキングなどを楽しみながら続けるポイントは【通路状態の良い場所を選ぶ】ことです。歩きにくい道路を長時間歩き続けると、自分が思った以上に身体への負担が大きくなります。水分はこまめに補給し、時々は休憩を挟むなどをして体調の様子を伺いながら、無理なく歩くことがベストです。ダイエットの基本は、「食事」「運動」「睡眠」などのバランスを整えることが鉄則です。どれか一つだけを頑張って他の事を疎かにしてしまっては、キレイに痩せるどころか、不健康な結果を招きかねないので要注意なのです。特に重要なのが食事の「食べ方」。栄養のバランスを考えて、しっかりとした食事を摂るようにすれば、生理中に太る体質になりがちな女性でも、なんとか上手にダイエットを乗り越えられそうですね。【食欲を抑える食事の食べ方】@一日3食を摂るようにするA食べる順番は「野菜」「タンパク質」「脂肪」B良く噛んで食べるC食事の前にお水を飲むDおやつを食べるなら午前中に!生理中でもダイエットを実行出来る、とても簡単な方法です。毎月きちんと繰り返し続けていくと、自分でも気が付かないうちに、健康的で美しいボディラインになっているかもしれません。無理なく自然に続けていくことが、リバウンドしにくいパーフェクトボディを作り出すポイント!そして生理中は鉄分が不足がちになってしまいます。【鉄分、カルシウムが豊富な食べ物】切り干し大根、大根の葉、パセリ、小松菜ホーレンソウ、湯葉、大豆、高野豆腐ひじき、はまぐり、桜えび、シジミなど。そしてお水も必要です。身体に水分を溜め込みやすく、体重も増え浮腫んでしまうので、生理中のダイエットでは水分は摂らないようにしているといった女性がいるようですね。しかし、キレイに痩せるためにはしっかりと水分を補給しないと、あまりダイエット効果が期待出来ないという、とても残念なことにも繋がりかねません。どんなダイエットでもほとんどが推奨している「水」の大切さを、もっと理解して、こまめに水分を補給するように心がけましょう!ミネラルバランスの良いお水を積極的に摂ることは、身体の代謝を上げていくのにとても重要です。食べ物だけでは摂取しにくい、ミネラル類を多く含む「ミネラルウォーター」なら、水分補給をしながら必要な栄養を摂りいれることが出来て、とても合理的。生理中に必要な鉄分と共に摂取したいカルシウムも簡単に摂りいれることが出来るので、ダイエット中であれば出来るだけ積極的に摂りいれて生きたいアイテムです。浮腫んで体重が増えるし、痩せにくくなるかもしれないから飲みたくないと仰る方は、無理に飲んでほしいとは言いません。しかし、水分を摂らないと命に係わりますので、その辺は注意して徐々にでも摂りいれるよう気を付けて欲しいです。生理中に体重が増えたと感じる主な原因は、一時的な水分の抱え込みです。生理が終わる頃には、また普通に尿や汗として身体の外へ排出されますので、特に気にする必要はないと考えられます。おそらく、生理が終わる頃には体重も自然と落ちてくるはずですので、あまり神経質になり過ぎないようにしましょう。 以上です。長文失礼しましたm(_ _)m

妊活して、無事に妊娠した方にお聞きしたいのですが…。

妊活して、無事に妊娠した方にお聞きしたいのですが…。1、妊活中の性行為はどのくらいおこなってましたか?2、行為のあとはどう過ごしてましたか?3、行為のあとシャワーで洗い流しても妊娠できますか?4、妊活中に食べていた食材や飲み物を教えて下さい。 5、運動はなにかされていましたか?6、ストレスフリーでしたか?ストレスがあった場合でも妊娠できますか?7、睡眠はしっかりとっていましたか?8、妊活中の気持ちを教えて下さい。 9、妊娠のことばかり考えていたらやはり妊娠できないのでしょうか?質問たくさん申し訳ありませんが、妊活の期間などできるだけ具体的に教えて下さい。よろしくお願いいたします。

ストレス発散にヨガがおすすめ口コミのアドバイス

妊活と治療を3年しました。その後病院を休んだ5ヶ月後に自然妊娠しました。1.ほぼ毎日か2日に1回はw旦那が性欲ありあまってたので2.そのまま寝てることが多かったです。3.元気な精子はすぐ子宮内に登ってくそうですよ!ただ、せめて10分ほどはイチャイチャと横になってたほうがいいかもしれません。4.妊活中は和食中心であまり体を冷やさない根菜やあったかい物ばかり食べてました。サプリも葉酸とビタミンEを。飲み物は基本麦茶でした。休んでる時は適当でした。卵かけご飯のみとか。5.車がないので30分くらいは毎日歩いてました。でもそれだけ。休んでるときはプラス踏み台昇降と妊娠ヨガしてました。6.休んでる時は完全にストレスフリーでしたね。旦那も出張でいなかったので好きな時に起きて寝てとにかく遊んでましたからw妊活中は、まわりから色々言われたりリセットでかなりストレスだったと思います。でも化学流産はしてたのでストレスあっても妊娠できるとは思います。7.休み中はかなりとってました。妊活中もある程度はとってましたが、お出かけしたりするとなかなか…8.なんで私はこんな苦労してるのに、まわりは簡単に妊娠できるんだろうととりあえず腹のなかドス黒かったですw23から治療してたので余計に。9.あまり良くないと思います。休んでた時に妊娠できたのも、2人の時間を楽しもう!と気持ち新たに旅行やいろんな計画立ててる時で妊活は頭の隅にありましたから。治療の最後は顕微をやって卵巣年齢26歳で40代とでて卵が少ないから焦らなきゃいけないのにそこで旦那の出張…。だからこそ諦められたというか仕方ないって気持ちができて、帰ってくるまでダイエットでもしたり好きなことするかぁと切り替えたら授かりました。その頃からお空にいるであろう私の子にもう準備終わってるよーとか小さい子見たら笑いかけるとか、妊活中にはできなかった余裕があったように思います。主さんもうまくストレスと付き合って、今の時間を大切にしてくださいね!

ストレスからくる左胸(心臓?)の痛み

ストレスからくる左胸(心臓?)の痛みの主な病名を教えて下さい

ストレス発散にヨガがおすすめ口コミのアドバイス

時間を作って呼吸器科や循環器科で診てもらって頂きたいです。原因が分からず精神科を勧められたら私の回答を思い出して頂きたいです。私もストレスを感じると心臓あたりに酷い痛みが出ていました。ただ、原因は「ストレス」ではありませんでした。姿勢が悪くないですか?体の歪みについて一度考えてみてください。「首こり、肩こり、腰痛の原因は首や肩、腰ではない」これが私の経験から導きだした結論です。肩甲骨の違和感や両肩の高さの違いはないでしょうか?肩甲骨の違和感は日常生活では首肩よりも感じ難いですが、例えば、ゴルフボールを背中と床に挟んで仰向けで寝たとき、痛かったりくすぐったくて寝ていられないような感じと解釈しています。慢性的な首こり、肩こりに悩んで、マッサージやカイロプラクティックに行っても治らなかったのですが、そもそも原因は首や肩では無かったことに気がつきました。背中だったのです。厳密に言えば胸椎、肋椎関節の歪み、旋回、肩甲骨周辺の筋肉の緊張、こりだということになると思います。ちょっとやってみてもらいたいのですが、ヨガのポーズでよくある「後ろ合掌のポーズ」はできますか?できれば良いのですが、出来ない場合はどちらの手が合わせにくいかで筋肉が堅くなっている側が分ると思います。私は明らかに利き手の右側が合わせにくかったです。この事に気がついて首こりや肩こりを治すことができましたが、これによる良い影響は本当に大きかったのです。治った他の症状を挙げますね。・顎関節症・顔面と後頭部の痺れ・顔面の歪みによる笑いにくさ・唇が歪むような喋りにくさ・下唇のピクピク(片側に集中)・飲み込み辛さ・喉が押されたような苦しさ・歯ぎしり・日中のかみ締め・食事中の片顎で食べる癖・首こり・肩こり・腰痛・立っていても座っていてもフラフラする感じ・立っていても座っていても真っ直ぐになっていない感じ・真っ直ぐ歩きにくい歩行障害・息苦しさ・不安感・人と対面したときの著しい緊張感の高まり・緊張したときの異常な口の渇き・心臓辺りの痛み・わき腹の痛み・目のクマ・眼精疲労・ドライアイ・瞼のピクピク(片目に集中)・頭痛・食後の弱い吐き気・集中力の低下・記憶力の低下・思考力の低下・偏頭痛・めまい原因は「胸椎、肋椎関節の歪み、旋回」だったと推察しています。整形外科では「問題なし」と言われていましたが、よく考えれば右肩が明らかに上がっていましたし、何が「問題なし」だったのか本当に疑問です。本当に彼らはこの問題に真剣に取り組んで欲しいと思います。「こんなとこなんで問題になるの?」とお考えかもしれませんが、これは現代人なら誰でも問題になる可能性がある内容だと考えています。問題は「腕の上げすぎ」です。日々、パソコンやスマホを持って操作すると腕や肩が疲れると思いますが、この胸椎付近もテンションがかかり、疲労が蓄積されやすいとみています。ただ、この付近は肩や首などと違い「コリ」を感じにくいため、慢性化してこれを放置することで歪みや旋回が生じると推察しています。また、残念ながらこの問題は整形外科では気づいてもらえないようです。治せないから「問題ない」のかレントゲンの検出限界で「問題ない」のかは分かりません。では根本原因をどう治すかですが、自宅でストレッチです。特に重要なのは「第3、第4胸椎」だと考えています。頭を下げた時に首の後ろに出っ張りがあると思いますが、それが第7頚椎でその下3番目、4番目の骨ですね。まずは背中のストレッチを進めてみてください。やって良かったストレッチをまとめていますので、参考までにお読みください。・慢性的な首こりの原因と首こり解消法 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275898・猫背の本当の原因とはhttp://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275815・自律神経失調症の原因http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n259331

みなさんのストレス発散方法を教えてください。

みなさんのストレス発散方法を教えてください。ストレスが原因で神経障害性疼痛やら自律神経失調症と医者に言われました。体に、うずくまってしまうくらいの痛みがでる症状があります。更に困るのが、自分でストレスの原因がわかりません。同じような人がいたら、アドバイスをお願いします。

ストレス発散にヨガがおすすめ口コミのアドバイス

私はパニック障害、全身に強烈な痛みがありましたが、痛みまで精神的ストレスが原因だとする医学の見解に疑問を持ち、その痛みの原因こそが気分障害の原因である可能性を見いだしています。今は全て完治しています。姿勢が悪くないですか?何故息苦しくなるのか?原因は本当に精神的なストレスなのか?これが私の完治へのスタートでした。パニック障害、息苦しさ、吐き気、めまい、頭痛は自宅でのストレッチで完治しています。その場で肩を上げずに十分な深呼吸ができますか?また、姿勢の悪さ、顎関節症、慢性的な首肩のこりはないですか?自律神経失調症のような症状も含めてパニック障害は自力で治しました。治ってから言えるのは一般的な原因解釈、治療法には本当に妥当性があるのか?ということです。また、「パニック障害」に限らず、多くの気分障害は同様に言えることかもしれません。内科、歯科、呼吸器科、循環器科、心療内科、精神科などで総合的に診断を受けてみてください。1箇所に固執せずに総合的にです。また、原因の説明、治療方針についてはご自分でも妥当性を判断してみてくださいね。パニック障害を治した過程を元に回答します。私はパニック障害でしたが、併発していた症状、近年で急増した原因の医学的な解釈の不明確さから原因は精神的ストレスではなく、併発していた症状を含め原因は体にあると断定して自力で治しました。深呼吸をしたときにしっかり吸えていない、肩を過度に上げないと満足にできない、肋骨に不可解な痛みや圧迫があるなどはありませんか?私には慢性的な息苦しさがあり、頻繁に深呼吸をしていました。ただ、深呼吸を何度しても満足に酸素が取り込めていない感覚があり、肩も大きく上げないと駄目でした。それが今では全くありません。平常時(既に息苦しい)→うつ状態、自律神経失調↓何らかの緊張(電車、広場、過去のトラウマ等)↓呼吸の乱れ↓パニック発作人間は緊張すれば心拍数の上昇や体の筋肉の緊張があるわけですが、平常時に満足な呼吸ができていれば多少呼吸が乱れても何の問題もないものの、慢性的に息苦しい状態があると多少の乱れで許容レベルを超えて過呼吸やパニック症状が生じると考えました。では何故、慢性的な息苦しさがあるのか?(私は息苦しい状態を数年我慢していたため、更に悪化して明確な「息苦しさ」として認知できるようになりましたが、明確に「息苦しさ」を感じない状態でも体としては十分息苦しい状態になっている方が多いのではないかと思います。)原因は姿勢の悪さによる「胸郭の歪み」でした。胸郭、すなわち肺を囲む肋骨の稼動不良により肺が十分拡張できず、慢性的な息苦しさに直結していたという解釈です。骨格の歪みなんていうものがあるなら、レントゲンでおなじみの整形外科でも指摘頂けそうですが、残念ながら整形外科では問題として認知できないようです。私は3箇所の整形外科で同時期にレントゲンを取ってみてもらいましたが、全く指摘されませんでした。でも鏡を見れば明らかに右肩が上がって、更に右肩が前傾、左肩が後傾し、右肩が極度に上げにくい状態でした。更に同時期にあった以下のような症状も「胸郭の歪み」「体の歪み」の存在を確信させる要因になっていました。・顎関節症・片側の首こり、肩こり・右肩甲骨の痛み・首が痛くて左を向けない・椅子に座ると真っ直ぐにならない・立っていると真っ直ぐにならない→全て自力で完治させました体の歪みに注目してみてください。ちょっとやってみてもらいたいのですが、ヨガのポーズでよくある「後ろ合掌のポーズ」はできますか?できれば良いのですが、出来ない場合はどちらの手が合わせにくいかで筋肉が堅くなっている側が分ると思います。私は明らかに利き手の右側が合わせにくかったです。この事に気がついて多くの症状を治すことができました。深呼吸をしても肩は上がらなくなり、日常的な呼吸も非常に安定しました。対応としては自宅でストレッチが重要だと考えます。当初は私も整体やカイロに行ってましたが、自分で問題の箇所を感じながら取り組んだ方が効率が良かったです。また、日常生活の中で姿勢を正すことも重要でした。ちょっと過度に胸を張るように生活すると丁度良かったです。特に重要なのは「第3、第4胸椎」だと考えています。頭を下げた時に首の後ろに出っ張りがあると思いますが、それが第7頚椎でその下3番目、4番目の骨ですね。まずは背中のストレッチを進めてみてください。やって良かったストレッチをまとめていますので、参考までにお読みください。・慢性的な首こりの原因と首こり解消法 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275898・猫背の本当の原因とはhttp://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275815・自律神経失調症の原因http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n259331

左手が痺れます。痺れが収まった後も筋肉痛のような違和感があります。病気でしょ...

左手が痺れます。痺れが収まった後も筋肉痛のような違和感があります。病気でしょうか、、?思い当たることといえば、・美容院でカラー後、シャンプーをしてもらっているときに首の角度が少しおかしかったようで凝り、そこから痺れている。 また、カラーも染みていてそれを美容師さんに言えず、、。今は頭皮に痛みはありません。・パニック障害、不安障害を持っています。心療内科の先生には、一過性のものだろうから心配ないと言われましたが、寝起きによく痺れるので心配になりました。痺れは2日続いています。よろしくお願いします。補足・関係あるかわかりませんが、ストレートネックで、腰痛持ちです。。

ストレス発散にヨガがおすすめ口コミのアドバイス

脳疾患については脳神経外科で視てもらいましょうね。ちなみにヨガで言う「後ろ合掌」はできますか?私の場合はこれが、パニック障害や手の痺れなど、多くの症状の解決のヒントになりました。身体症状はまだそんなに無いんですね。私は100近く出ていたのですが、長期間付き合うことになりましたよ。いまそこで肩を上げずに深呼吸できますか?安易に精神の問題にしては本質を見誤りますよ。全ては「姿勢」に繋がっていたという話です。呼吸と血行に注目してみてください。貴方には要らないワードもありますが、こんな事もあるんだ位で読んでください。これから症状を考える参考になると思います。私は自律神経失調症やパニック障害などの気分障害の原因は性格や精神的ストレスではなく、誰でも罹患する可能性があると考え、原因を根本から見直して自力で完治しました。精神的ストレスを唯一の原因とするような風潮にはお気をつけください。姿勢が悪くないですか?原因は本当に精神的なストレスなのか?現代人の生活様式や行動傾向から共通の原因を見つけられるんじゃないか?これが私の完治へのスタートでした。投薬なしで相当苦労しましたが、やりきった感じです。パニック障害、息苦しさ、吐き気、めまい、頭痛、顎関節症、首肩のこり、肋間神経痛、腰痛など100にも及ぶような多くの心身の症状は自宅でのストレッチで完治しています。その場で肩を上げずに十分な深呼吸ができますか?(腹式呼吸ではなく)また、姿勢の悪さ、顎関節症、慢性的な首肩のこりはないですか?自律神経失調症のような症状も含めてパニック障害は自力で治しました。治ってから言えるのは一般的な原因解釈、治療法には本当に妥当性があるのか?ということです。また、「パニック障害」に限らず、多くの気分障害は同様に言えることかもしれません。内科、歯科、呼吸器科、循環器科、心療内科、精神科などで総合的に診断を受けてみてください。1箇所に固執せずに総合的にです。また、原因の説明、治療方針についてはご自分でも妥当性を判断してみてくださいね。パニック障害を治した過程を元に回答します。私はパニック障害でしたが、併発していた症状、近年で急増した原因の医学的な解釈の不明確さから原因は精神的ストレスではなく、併発していた症状を含め原因は体にあると断定して自力で治しました。深呼吸をしたときにしっかり吸えていない、肩を過度に上げないと満足にできない、肋骨に不可解な痛みや圧迫があるなどはありませんか?私には慢性的な息苦しさがあり、頻繁に深呼吸をしていました。ただ、深呼吸を何度しても満足に酸素が取り込めていない感覚があり、肩も大きく上げないと駄目でした。それが今では全くありません。平常時(既に息苦しい)→うつ状態、自律神経失調↓何らかの緊張(電車、広場、過去のトラウマ等)※現代医学では投薬でこの状態を一時的に低減しているだけとイメージ↓呼吸の乱れ↓パニック発作人間は緊張すれば心拍数の上昇や体の筋肉の緊張があるわけですが、平常時に満足な呼吸ができていれば多少呼吸が乱れても何の問題もないものの、慢性的に息苦しい状態があると多少の乱れで許容レベルを超えて過呼吸やパニック症状が生じると考えました。では何故、慢性的な息苦しさがあるのか?(私は息苦しい状態を数年我慢していたため、更に悪化して明確な「息苦しさ」として認知できるようになりましたが、明確に「息苦しさ」を感じない状態でも体としては十分息苦しい状態になっている方が多いのではないかと思います。)原因は姿勢の悪さによる「胸郭の歪み」でした。胸郭、すなわち肺を囲む肋骨の稼動不良により肺が十分拡張できず、慢性的な息苦しさに直結していたという解釈です。骨格の歪みなんていうものがあるなら、レントゲンでおなじみの整形外科でも指摘頂けそうですが、残念ながら整形外科では問題として認知できないようです。私は3箇所の整形外科で同時期にレントゲンを取ってみてもらいましたが、全く指摘されませんでした。でも鏡を見れば明らかに右肩が上がって、更に右肩が前傾、左肩が後傾し、右肩が極度に上げにくい状態でした。更に同時期にあった以下のような症状も「胸郭の歪み」「体の歪み」の存在を確信させる要因になっていました。・顎関節症・片側の首こり、肩こり・右肩甲骨の痛み・首が痛くて左を向けない・椅子に座ると真っ直ぐにならない・立っていると真っ直ぐにならない→全て自力で完治させました体の歪みに注目してみてください。ちょっとやってみてもらいたいのですが、ヨガのポーズでよくある「後ろ合掌のポーズ」はできますか?できれば良いのですが、出来ない場合はどちらの手が合わせにくいかで筋肉が堅くなっている側が分ると思います。私は明らかに利き手の右側が合わせにくかったです。この事に気がついて多くの症状を治すことができました。深呼吸をしても肩は上がらなくなり、日常的な呼吸も非常に安定しました。対応としては自宅でストレッチが重要だと考えます。当初は私も整体やカイロに行ってましたが、自分で問題の箇所を感じながら取り組んだ方が効率が良かったです。また、日常生活の中で姿勢を正すことも重要でした。ちょっと過度に胸を張るように生活すると丁度良かったです。特に重要なのは「第3、第4胸椎」だと考えています。頭を下げた時に首の後ろに出っ張りがあると思いますが、それが第7頚椎でその下3番目、4番目の骨ですね。まずは背中のストレッチを進めてみてください。やって良かったストレッチをまとめていますので、参考までにお読みください。・慢性的な首こりの原因と首こり解消法 http://mentalist110.seesaa.net/article/392453216.html・猫背の本当の原因とはhttp://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275815・自律神経失調症の原因http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n259331

自分はDOとか自律神経失調症なんですが、最近イライラとかストレスからなのか過飲...

自分はDOとか自律神経失調症なんですが、最近イライラとかストレスからなのか過飲?的なことをしてしまいます。手元に飲み物がないと落ち着かないとかイライラとかが収まりません。自分は過飲症なのでしょうか?また過飲とゆうのはあるのですか?回答お願いします!

ストレス発散にヨガがおすすめ口コミのアドバイス

何故近年に同様の症状が増えたのかを考えてみてください。本当に一般的に言われる精神的ストレスが原因だと思いますか?その場で肩を上げずに十分な深呼吸ができますか?また、姿勢の悪さ、顎関節症、慢性的な首肩のこりはないですか?自律神経失調症のような症状も含めてパニック障害は自力で治しました。治ってから言えるのは一般的な原因解釈、治療法には本当に妥当性があるのか?ということです。また、「パニック障害」に限らず、多くの気分障害は同様に言えることかもしれません。内科、歯科、呼吸器科、循環器科、心療内科、精神科などで総合的に診断を受けてみてください。1箇所に固執せずに総合的にです。また、原因の説明、治療方針についてはご自分でも妥当性を判断してみてくださいね。パニック障害を治した過程を元に回答します。私はパニック障害でしたが、併発していた症状、近年で急増した原因の医学的な解釈の不明確さから原因は精神的ストレスではなく、併発していた症状を含め原因は体にあると断定して自力で治しました。深呼吸をしたときにしっかり吸えていない、肩を過度に上げないと満足にできない、肋骨に不可解な痛みや圧迫があるなどはありませんか?私には慢性的な息苦しさがあり、頻繁に深呼吸をしていました。ただ、深呼吸を何度しても満足に酸素が取り込めていない感覚があり、肩も大きく上げないと駄目でした。それが今では全くありません。平常時(既に息苦しい)→うつ状態、自律神経失調↓何らかの緊張(電車、広場、過去のトラウマ等)↓呼吸の乱れ↓パニック発作人間は緊張すれば心拍数の上昇や体の筋肉の緊張があるわけですが、平常時に満足な呼吸ができていれば多少呼吸が乱れても何の問題もないものの、慢性的に息苦しい状態があると多少の乱れで許容レベルを超えて過呼吸やパニック症状が生じると考えました。では何故、慢性的な息苦しさがあるのか?(私は息苦しい状態を数年我慢していたため、更に悪化して明確な「息苦しさ」として認知できるようになりましたが、明確に「息苦しさ」を感じない状態でも体としては十分息苦しい状態になっている方が多いのではないかと思います。)原因は姿勢の悪さによる「胸郭の歪み」でした。胸郭、すなわち肺を囲む肋骨の稼動不良により肺が十分拡張できず、慢性的な息苦しさに直結していたという解釈です。骨格の歪みなんていうものがあるなら、レントゲンでおなじみの整形外科でも指摘頂けそうですが、残念ながら整形外科では問題として認知できないようです。私は3箇所の整形外科で同時期にレントゲンを取ってみてもらいましたが、全く指摘されませんでした。でも鏡を見れば明らかに右肩が上がって、更に右肩が前傾、左肩が後傾し、右肩が極度に上げにくい状態でした。更に同時期にあった以下のような症状も「胸郭の歪み」「体の歪み」の存在を確信させる要因になっていました。・顎関節症・片側の首こり、肩こり・右肩甲骨の痛み・首が痛くて左を向けない・椅子に座ると真っ直ぐにならない・立っていると真っ直ぐにならない→全て自力で完治させました体の歪みに注目してみてください。ちょっとやってみてもらいたいのですが、ヨガのポーズでよくある「後ろ合掌のポーズ」はできますか?できれば良いのですが、出来ない場合はどちらの手が合わせにくいかで筋肉が堅くなっている側が分ると思います。私は明らかに利き手の右側が合わせにくかったです。この事に気がついて多くの症状を治すことができました。深呼吸をしても肩は上がらなくなり、日常的な呼吸も非常に安定しました。対応としては自宅でストレッチが重要だと考えます。当初は私も整体やカイロに行ってましたが、自分で問題の箇所を感じながら取り組んだ方が効率が良かったです。また、日常生活の中で姿勢を正すことも重要でした。ちょっと過度に胸を張るように生活すると丁度良かったです。特に重要なのは「第3、第4胸椎」だと考えています。頭を下げた時に首の後ろに出っ張りがあると思いますが、それが第7頚椎でその下3番目、4番目の骨ですね。まずは背中のストレッチを進めてみてください。やって良かったストレッチをまとめていますので、参考までにお読みください。・慢性的な首こりの原因と首こり解消法 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275898・猫背の本当の原因とはhttp://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275815・自律神経失調症の原因http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n259331

こんにちは。

こんにちは。自分の経験の中でこういったことは初めてでどうしたらいいのかわからず困っています。お力を貸して頂けると嬉しいです。約3週間前、仕事で帰り支度をしていたら急に身体からエネルギーが抜けたように力が入らなくなってしまいました。立って歩くこともできるのですが、フラフラしてとにかく疲れる…いつもならヒョイと持てるバッグがなぜかものすごく重く駐車場までの数分の道のりもやっと歩いて車に乗り込んだときにはクタクタ。しばらくぐったりしていました。それからはなんともなく、昨日の夜にまた同じような症状が起こりました。3週間前よりは症状は軽かったものの、今度は今日になってもそれが治らず、なんか力が入らず、フラフラめまいがしたり、ぼー…っとしてハッ!と我にかえったり、仕事をしてても…今どこまでやったっけ…と集中力が続きません。こんなことは初めてです。それが原因なのか生理も今月きていません。最近変わったことと言えば運動をはじめた耳ツボをはじめたくらいでしょうか…仕事上ではこの半年、ちょっと性格のキツイ先輩に追いこまれたりして我慢が溜まっていることはあります。1年前くらいに下痢が続くので見てもらったらストレスです。と言われたことがあります。ストレスが原因なんでしょうか…それとも違う原因があるのでしょうか…気にしいですが神経が細い方ではないと思うのですが…病院はどこにいけばわからなかったので、とりあえず精神科を予約してみました。このような症例はなにが原因なのか、もし検討がつく方がいらっしゃいましたら教えてください。長い文を最後まで読んでくださり、ありがとうございました。補足すみません、捕捉させてください。今日から、なんだか気持ちが落ち着きません。ソワソワ、ドキドキ…というのか…よくわかりませんが、変に緊張しています。トイレに行きたいのかな…と思ってトイレに行ったんですが、どうもあまりよくなりません。

ストレス発散にヨガがおすすめ口コミのアドバイス

ストレスが原因というのが一般的な解釈になっているようなイメージですが、それだけに固執すると本当の原因にたどり着けないような気がしますね。私のめまいは顔の歪み(鼻骨の変位)、体の歪みによる平衡感覚の悪化が原因だと推察してこれらの是正で無くなりました。もう数年は出てないですね。キーワードとしては・顎(噛み合わせ)の違和感・顎関節症・上の埋没した親知らず・慢性的な片側の鼻の鼻づまり・片側の首、肩こりになるかと思います。これらは私に全部あったものです。体の歪みに注目してみてください。鏡に向かって左右の肩の高さを確認してみてください。あと、肩の前傾ですね。「首こり、肩こり、腰痛の原因は首や肩、腰ではない」これが私の経験から導きだした結論です。肩甲骨の違和感や両肩の高さの違いはないでしょうか?肩甲骨の違和感は日常生活では首肩よりも感じ難いですが、例えば、ゴルフボールを背中と床に挟んで仰向けで寝たとき、痛かったりくすぐったくて寝ていられないような感じと解釈しています。慢性的な首こり、肩こりに悩んで、マッサージやカイロプラクティックに行っても治らなかったのですが、そもそも原因は首や肩では無かったことに気がつきました。背中だったのです。厳密に言えば胸椎、肋椎関節の歪み、旋回、肩甲骨周辺の筋肉の緊張、こりだということになると思います。ちょっとやってみてもらいたいのですが、ヨガのポーズでよくある「後ろ合掌のポーズ」はできますか?できれば良いのですが、出来ない場合はどちらの手が合わせにくいかで筋肉が堅くなっている側が分ると思います。私は明らかに利き手の右側が合わせにくかったです。この事に気がついて首こりや肩こりを治すことができましたが、これによる良い影響は本当に大きかったのです。治った他の症状を挙げますね。・顎関節症・顔面と後頭部の痺れ・顔面の歪みによる笑いにくさ・唇が歪むような喋りにくさ・下唇のピクピク(片側に集中)・飲み込み辛さ・喉が押されたような苦しさ・歯ぎしり・日中のかみ締め・食事中の片顎で食べる癖・首こり・肩こり・腰痛・立っていても座っていてもフラフラする感じ・立っていても座っていても真っ直ぐになっていない感じ・真っ直ぐ歩きにくい歩行障害・息苦しさ・不安感・人と対面したときの著しい緊張感の高まり・緊張したときの異常な口の渇き・心臓辺りの痛み・わき腹の痛み・目のクマ・眼精疲労・ドライアイ・瞼のピクピク(片目に集中)・頭痛・食後の弱い吐き気・集中力の低下・記憶力の低下・思考力の低下・偏頭痛・めまい原因は「胸椎、肋椎関節の歪み、旋回」だったと推察しています。整形外科では「問題なし」と言われていましたが、よく考えれば右肩が明らかに上がっていましたし、何が「問題なし」だったのか本当に疑問です。本当に彼らはこの問題に真剣に取り組んで欲しいと思います。「こんなとこなんで問題になるの?」とお考えかもしれませんが、これは現代人なら誰でも問題になる可能性がある内容だと考えています。問題は「腕の上げすぎ」です。日々、パソコンやスマホを持って操作すると腕や肩が疲れると思いますが、この胸椎付近もテンションがかかり、疲労が蓄積されやすいとみています。ただ、この付近は肩や首などと違い「コリ」を感じにくいため、慢性化してこれを放置することで歪みや旋回が生じると推察しています。また、残念ながらこの問題は整形外科では気づいてもらえないようです。治せないから「問題ない」のかレントゲンの検出限界で「問題ない」のかは分かりません。では根本原因をどう治すかですが、自宅でストレッチです。特に重要なのは「第3、第4胸椎」だと考えています。頭を下げた時に首の後ろに出っ張りがあると思いますが、それが第7頚椎でその下3番目、4番目の骨ですね。まずは背中のストレッチを進めてみてください。やって良かったストレッチをまとめていますので、参考までにお読みください。・慢性的な首こりの原因と首こり解消法 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275898・猫背の本当の原因とはhttp://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275815・自律神経失調症の原因http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n259331

埼玉の春日部・越谷または千葉の野田付近でおすすめの心療内科があれば教えてくだ...

埼玉の春日部・越谷または千葉の野田付近でおすすめの心療内科があれば教えてください。まだ心療内科には行った事がありません。行くのに抵抗があります。でもこのままじゃいけないと言う気持ちもあります。宜しくお願い致します。

ストレス発散にヨガがおすすめ口コミのアドバイス

良い医療機関については他の方にお任せします。体が痛くないですか?また姿勢悪くないですか?参考になれば幸いです。必要に応じて医療機関でご相談ください。鏡で左右の肩の高さに違いがないか、どちらかが前傾していないかを確認してみてください。私はパニック障害でしたが、肩こり首こりの原因を見出だし、息苦しさから開放されたことが解決に重要でした。数十年前にはほとんど聞かなかった症状が何故現代に台頭しているかを冷静に考えてみてください。何が「変わった」のかです。ストレスって私たちの親世代と比べて高まったのでしょうか。私の場合は医者に「仕事のストレスかもね」と言われても釈然としませんでした。パニック障害や鬱病、自律神経失調症などの気分障害の原因は精神的ストレスではないことを証明するために、パニック障害を自力で治しました。私には慢性的な息苦しさ、過呼吸があったのですが、何か精神的ストレスを感じるとその傾向が強まることから、当初は精神的ストレスが原因だと考えていました。関連の医療機関で内臓の問題はないとのことで、勧められた精神科で精神的な問題、パニック障害であると診断され投薬治療をはじめるも、これが全く治らない。。もう自分で治す以外に解決策はないと思うようになりました。「胸郭の歪みによる慢性的な息苦しさ、またそれによる自律神経の失調」それが答えでした。私は肺の辺りが何だか窮屈な感じがあり、深呼吸をすると肩が上がっていました。そして今は何の違和感もなく、肩を上げずに深呼吸できます。これが何を意味するのか?よく自律神経が失調すると息苦しくなるという解釈を目にしますが、むしろ私は息苦しいからこそ自律神経が失調すると考えています。実際、息苦しさから開放されて精神面でも症状が明らかに改善しています。ただ、何故医療機関ではこのアプローチが全く無いのかが非常に疑問です。同じ状態になった医者が1人も居ないって事はありえないでしょうし、その医者が誰1人としてこのアプローチを考えないとも正直思えません。顎関節症、肩こり、首こり、姿勢の悪さ、背中の痛みや冷えや痺れなどはありませんか?一緒に治した症状は以下の通りです。顎関節症とうつ病は併発しやすいなんてよくネットに出ていますが、そりゃそうですよね。同じ原因なら併発しやすいでしょう。・顎関節症・顔面と後頭部の痺れ・顔面の歪みによる笑いにくさ・唇が歪むような喋りにくさ・下唇のピクピク(片側に集中)・飲み込み辛さ・喉が押されたような苦しさ・歯ぎしり・日中のかみ締め・食事中の片顎で食べる癖・首こり・肩こり・腰痛・立っていても座っていてもフラフラする感じ・立っていても座っていても真っ直ぐになっていない感じ・真っ直ぐ歩きにくい歩行障害・息苦しさ・不安感・人と対面したときの著しい緊張感の高まり・緊張したときの異常な口の渇き・心臓辺りの痛み・わき腹の痛み・目のクマ・眼精疲労・瞼のピクピク(片目に集中)・頭痛・食後の弱い吐き気・集中力の低下・記憶力の低下・思考力の低下・偏頭痛・めまい簡単に書きますと原因は「背中の歪み、またそれによる慢性的な呼吸困難、血行不良」でした。当初からあった「背中の痛み」はこの始まりだったと今では理解しています。これを治した事で全身にあった身体的症状や精神的症状は嘘のように緩和していきました。立っていて、真っ直ぐ立てていないようにフラフラすることはないでしょうか?また、左右の肩の高さが違う状態になっていたり、どちらかの腕が挙げにくい状態になっていませんか?これも「背中の歪み、コリ」の弊害だと推察できます。背中のコリの正体は胸椎と肋骨を繋ぐ「肋椎関節」の何らかの障害と考えていますが、この部分が稼動不良になると息を吸う際の肺の膨張を阻害して息苦しさに直結するとみています。大きく息を吸ったときに肩を上げないと吸えなくなっているようですと、この傾向があると考えています。「こんなとこなんで問題になるの?」とお考えかもしれませんが、これは現代人なら誰でも問題になる可能性がある内容だと考えています。問題は「腕の上げすぎ」です。日々、パソコンやスマホを持って操作すると腕や肩が疲れると思いますが、この胸椎付近もテンションがかかり、疲労が蓄積されやすいとみています。ただ、この付近は肩や首などと違い「コリ」を感じにくいため、慢性化してこれを放置することで歪みや旋回が生じると推察しています。また、残念ながらこの問題は整形外科では気づいてもらえないようです。治せないから「問題ない」のかレントゲンの検出限界で「問題ない」のかは分かりません。あらゆる可能性からご自分で最良の解決策を見出してくださいね。なんとか私は治せたのできっとヒントはあると思っています。共通する対策としては背中のストレッチが重要だと思っています。ヨガで言う「後ろ合掌」ができるかどうかは体の状態を把握する上で非常に重要だと考えています。・顎関節症はどこで治せば良いか 顎関節症の治し方 改善法http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n244419・自律神経失調症の原因http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n259331・慢性的な首こりの原因と首こり解消法 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275898
ホットヨガ仙台|安いのは?hotyoga体験レポートで暴露

ヨガが自律神経にも良い!ヨガの口コミ体験談